■コンクールに適した選曲をいつも迷ってしまう先生のために

ピアノのコンクールといえば、学年(部門)ごとに数曲の課題曲があり、その中から一曲を選んで生徒さんに渡し、数か月間懸命にその曲だけを練習して成果を出す、という形が一般的です。

しかし、その課題曲の選曲の時点で生徒さんに合ってない曲を渡してしまっている先生も多いようです。

 

オクターブやペダルなど物理的な条件はともかくとして、それ以外の条件で課題曲を選ぶ際、実際に先生方はどうやって判断されていますでしょうか?

好き嫌い?雰囲気?もしかして生徒さんが選んだりしてますか?

 

■楽曲の解説も盛りだくさん

毎年恒例となっています兵庫県学生ピアノコンクール。

本日現在まだ課題曲の発表はございませんが、今年もいち早く課題曲説明会の開催を決定させていただきますす。
講師はもちろんピアニストの赤松林太郎先生です。

赤松先生の課題曲セミナーのいいところは、課題曲のほとんどを実際に演奏していただくのはもちろん、その曲や作曲者の時代背景、基本的なピアノの奏法、コンクールに向けての心構え等々、単なるコンクール向けの課題曲説明会とは言えないほどの濃い内容で毎年時間いっぱいまでお話ししてくださっています。

その中で毎年のように話に上がるのが、この曲はどういう生徒さんに向いているかという話。

もちろんあくまでも一例にすぎませんが、国内外数々のコンクールで活躍された経験を持つ現役のピアニストからのアドバイスはきっと生徒さんの選曲のお役にたてるはずです。

 

■限定24席です

この課題曲説明会は、より学習しやすい環境を整えるため、受講いただく皆さんに机をご用意させていただきます。

その関係で24席限定とさせていただいています。
人気の講座ですので、毎年早い段階で満員となってしまいます。
大変申し訳ございませんが、受付は申し込み順とさせていただきます。
ご希望の方は平瀬楽器三田センター(079-563-3600)までお電話いただくか、チラシをダウンロードいただき、必要事項をご記入の上Faxにてお申し込みください。

学生ピアノ課題曲説明会2015チラシ_(pdfファイル)

016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■昨年ご参加いただいた方の声

017

 

 
(Yさま)
018

 

(Hさま)

 

019

(Iさま)

 

 

 

 

 

 

 

 

[問合せフォーム](お申し込みには使えません)