Jマイケルという管楽器のブランドはご存じですか?

とにかく安いのが売りの中国製の管楽器メーカーなのですが、安いだけじゃなくて最近は品質も徐々に向上しているので、学校などでも使われることが増えてきています。

基本的には管楽器は専門外ですが、うちのお店も一応取引がありまして、たまーにトロンボーンとかフリューゲルホルンとかを取り寄せたりしています。

いつも納品前に検品をさせていただいて感じるのは、品質の良さなんですよね。
決して90点とか100点ではないんです。細かいところをチェックしだしたらキリがないです。
でも、60~70点くらいはフツーにつけてあげられる程度の品質の楽器が同じランクのヤマハの商品の半分とか3分の1くらいの値段で買えちゃうんですよね。本と、最初ならコレで十分だと思います。

で、そんなJマイケルから毎月のように新商品やおもしろい話題が載ったニュースレターが届くのですが、今回はちょっと驚きの記事が載ってました。

なんと、東京校正ウインドオーケストラのホルンの方がコンサートの本番や録音の仕事でJマイケルのホルンを使われているんですって!
プロの方が試奏をして良い楽器だとかいうのは良くある話なのですが、実際に現場で使っているっていうのはあまり聞きません。
しかも東京校正というメジャーな団体で、録音でも使われているだなんて超驚きです!

今後もこのような傾向が続くのであれば、Jマイケルの愛用者はもっともっと増えていくかも知れませんね。
中国製といっても、安い楽器だからといっても、バカには出来ませんよね(^^)